2018年 8月 17日 (金)

韓国政府、産経ソウル支局長の記者証申請を「放置」

印刷

   韓国政府が、産経新聞の藤本欣也ソウル支局長が申請していた「外信記者証」を約半年にわたって発行していないことが2015年3月4日、韓国の京郷新聞の報道で明らかになった。記者証は政府機関に出入りする際に必要だ。京郷新聞によると、藤本氏は14年9月にソウルに着任し、直後に記者証を申請。通常なら数日で発行されるが、15年3月になっても発行されないままだ。同紙では、産経新聞のセウォル号関連の報道に対する「政府レベルの報復ではないかと指摘が出ている」と報じている。

   ただ、明示的に発行を拒否しているかは明らかではなく、窓口機関では

「おそらく、3月中に他の外国記者たちと一緒に、まとめて発行するということではないか」

などと話しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中