産経、翻訳盗用の疑いで記事を削除 個人ブログの筆者から抗議

印刷

   産経新聞社は2015年3月5日、女子フィギュアに関連する記事をウェブサイトから削除した。個人ブログからの盗用を指摘されたため。

   産経新聞のウェブサイトでも記事削除について報じている。それによると、指摘されたのは、1月27日付の「スポーツ異聞」連載記事「『真央ママ死亡』に泣いた心優しいソチ五輪メダリスト 『コストナー』に降りかかった『ドーピング幇助疑惑』」。記事では、ソチ五輪銅メダリストのカロリナ・コストナー選手について、イタリアのサイトから引用したとしていたが、日本語訳して紹介した個人ブログの筆者から「翻訳を盗用された」と抗議されていたという。

   産経新聞社の広報部は、「事実関係を調査の上、厳正に対処します」とコメントを出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中