2020年 9月 28日 (月)

「スマートニュース」、少年犯罪者の顔写真を表示、あわてて削除 問われるニュースの自動収集というやり方

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   スマートフォン向けのニュースアプリ「スマートニュース」が2015年3月11日、川崎市で起こった男子中学生の殺害事件にかかわった3人の少年の顔写真と実名が入った記事を表示し、それをあわてて削除することになった。

「情報の拡散を食い止めるため速やかに問題の記事を削除するのは当然」
「情報の拡散を食い止めるため速やかに問題の記事を削除するのは当然」

   「スマートニュース」は提携メディアの記事や写真の表示のほか、自動的に収集した話題の記事を表示しているが、問題になった記事は提携をしていない、まとめサイトのものを拾ってしまったらしい。

インターネットから自動的に収集したものだった

   「スマートニュース」は15年3月11日、12日にホームページ上で、

「川崎市男子生徒殺害事件の被疑者である少年の実名および顔写真とされる内容を含むものがありました」

と説明し、同社の運用基準に抵触すると判断したため表示を停止したと発表した。同アプリの記事は提携会社から提供されたものの他に、コンピュータが記事をインターネットから自動的に収集・選定・表示していて、その過程で紛れ込んでしまったものだという。これまでも読者の指摘で表示を停止したものもあり、今回の反省を踏まえ、

「こうした事象に適切に対処するための人的およびシステムによる監視体制の強化と精度の向上に取り組んでまいります」

と説明した。

   同社の話によれば紛れ込んでしまった記事は、犯人の名前と顔写真が入っていると思われる記事をアップしたオンラインメディアがあって、その記事をコピペしたブログなのだという。同社はその2媒体の名前は明かせない、としているが、ネット上にはキャッシュが残っている。記事元はあるニュースサイトで、アプリが表示していたのはネットの一部で人気の高いまとめサイトだったことがわかる。まとめサイトは問題の記事を削除していて、記事元のニュースサイトは掲載を続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中