2018年 8月 20日 (月)

セクハラで提訴の村長、不信任可決され村議会を解散

印刷

   セクハラやパワハラ行為を理由に女性職員から提訴されていた宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)が2015年3月17日、村議会を解散した。

   跡部村長は村の50代の女性職員に性的関係を強要したり、1300通ものメールを送りつけたりするパワハラ、セクハラ行為を行ったとして仙台地裁に1千万円の損害賠償を求める訴訟を起こされている。このことを理由に、村議会には跡部村長に対する不信任決議案が提出され、3月16日に賛成多数で可決されていた。

   この結果、跡部村長は10日以内に議会を解散しなければ失職することになっていた。村議選は15年4月26日に統一地方選に合わせて行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中