チュニジアでテロ 邦人3人死亡、3人負傷の情報

印刷

   チュニジアの首都チュニスにあるバルドー博物館で2015年3月18日、銃で武装した集団が外国人観光客らを襲撃し、計19人が死亡した。同国政府が発表した。安倍晋三首相は3月19日朝、日本人が3人死亡し、3人負傷したという情報があると明らかにし、「テロは断じて許されない。強く非難する」と語った。政府は引き続き、情報収集を進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中