西之島さらに成長、標高137メートルに

印刷

   国土地理院は2015年3月17日、噴火が続く小笠原諸島・西之島の空中写真を公開した。

   前回調査の12月4日に比べ、面積は1.1倍の約2.55平方キロメートル、最高標高は1.2倍の137メートルだった。撮影や測量は3月1日に行われた。

  • 3月1日に撮影された西之島(国土地理院提供)
    3月1日に撮影された西之島(国土地理院提供)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中