2018年 7月 23日 (月)

「自国のために戦う意思があるか」日本は10%で最低

印刷

   国際的な調査機関「WIN/ギャラップ・インターナショナル」は2015年3月18日、ウェブサイト上で公表した「エンド・オブ・イヤー・サーベイ2014」の中で、「もしも戦争に巻き込まれたら、自国のために戦う意思はあるか」との質問に関する各国の調査結果を公表した。日本では「はい」と答えた人の割合が10%で、対象となった63か国・地域の中で最も低かった。

   「戦う意思がある」割合が最も高かったのはフィジーとモロッコで、94%が「はい」と回答。ベトナムとパキスタンの84%がこれに続く。反対に10%台だったのは日本のほか、オランダ(15%)、ドイツ(18%)、ベルギー(19%)だった。

   また米国では44%、中国71%、韓国42%が「はい」とした。地域別では中東・北アフリカが最も割合が高く、77%に達した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中