2018年 10月 18日 (木)

3大都市圏の住宅地や商業地、2年連続で上昇 公示地価

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国土交通省がまとめた2015年1月1日時点の公示地価によると、東京、大阪、名古屋の3大都市圏の平均で、住宅地が前年比0.4%上昇(前年は0.5%上昇)、商業地が1.8%上昇(同1.6%上昇)し、ともに2年連続で上昇した。3月18日に発表した。

   都市部での地価の回復傾向は、国内景気が緩やかに回復するなか、低金利で資金が調達しやすくなるなど、オフィスビルやマンションなどの需要が堅調に推移していることなどが背景にある。

   ただし、地方圏の平均は住宅地が1.1%下落、商業地が1.4%下落で、ともに23年連続のマイナス。下げ幅は縮小している。

   全国平均では、商業地が14年の0.5%下落から横ばいに転換し、下げ止まった。住宅地も、14年の0.6%下落から0.4%下落に下げ幅が縮小した。ともに5年連続で改善した。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...