「ウィンドウズ10」、15年夏発売 「7」利用者は無償で更新

印刷

   米マイクロソフト(MS)は2015年3月17日、15年夏に日本を含む190か国で次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を発売すると発表した。

   「8」の後継となる「10」は111の言語に対応し、スマートフォンやタブレット型多機能携帯端末との連携も強化された。「7」以降の利用者は、発売から1年に限り無償で入手できる。海賊版の広がりに歯止めをかけるため、中国でも無償の正規品を普及させる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中