2022年 5月 22日 (日)

ウィンドウズ10がアンドロイドを「上書き」 ユーザー引き抜き狙うマイクロソフトの「スマホ戦略」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

2014年に中国でのスマホシェア首位のシャオミ

   そして今回明らかにしたのが、中国シャオミとのウィンドウズ10を巡る「協力関係」の構築だ。あくまでもテストとはいえ、もともと搭載されているアンドロイドを「追い出す」ようにしてまでウィンドウズ10をインストールする手法は、かなり強引だ。半面、グーグルとの摩擦を覚悟してでもウィンドウズ10を浸透させたいMSの「本気度」もうかがえる。

   シャオミは2014年、シェアを一気に伸ばした「風雲児」。中国市場に限れば、2014年の出荷台数は堂々のトップ。米IT系オンラインメディア「ビジネスインサイダー」は3月18日付記事で、MSとの関係を「パートナーシップ」ではなくあくまで実験への協力だと述べたそうだが、MSにとっては、巨大市場の中国でサムスンやアップルをもしのぐシャオミと本当に提携まで関係を強化できれば大きな成果となるとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中