2018年 8月 15日 (水)

詐欺関与とされた大阪の男性、NHKに訂正求める

印刷

   NHK「クローズアップ現代」で詐欺関与のブローカーとされた大阪府在住の飲食店店長男性(50)が2015年4月1日、大阪市内で記者会見し、「犯罪者のように扱われた」としてNHKに訂正を求めた。新聞各紙が報じた。

   この男性は、記者に依頼されて番組で演技をしたとし、説明なく放映されたと憤りを示した。1週間以内にNHKから回答がないときは、放送倫理・番組向上機構(BPO)へ人権侵害の申し立てをすると述べた。

   NHKの広報局は、マスコミ取材に「男性とそれ以外の関係者の話などに食い違いがあり、引き続き、取材のプロセスを確認する作業を行っている」などとコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中