たけし、古賀氏降板問題で持論 「本質突けばそりゃ政府から圧力かかる」

印刷

   「俺はもう......元経産省の古賀(茂明氏)みたいに本質を突かないよ?」――ビートたけしさんが2015年4月5日、ゲスト出演した「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、古賀氏の「報道ステーション」(テレビ朝日系)降板に言及しつつ、時事問題に対する自らのスタンスを解説した。

  • 「報ステ」を降板した古賀茂明氏
    「報ステ」を降板した古賀茂明氏

ジャストミートではなく「ファウルチップ」

   たけしさんは、「本質を突いたらだって、テレビがやっちゃうと、郵政省管轄かどうか知らないけど、結局(政府から)プレッシャーかかるに決まってるんだから」とした上で、自らの発言は、野球でいう「ジャストミート」ではなく、また「空振り」でもなく、本質を突いているようでそこから少し外した「ファウルチップ」だ、と述べた。また、だからこそテレビ局側も、「本質的なことを突かないから便利」なお笑い芸人を、ワイドショーなどで使いたがるのだ、と作り手の論理を皮肉ってみせた。

   共演したダウンタウンの松本人志さんが「そう、ちょっと上手いとこあるんですよね」と言いつつ、たけしさんの発言にしきりにうなずいていた一方、同じく共演していたSMAPの中居正広さんは、「(「本質」の部分も)聞きたいんですけどね」とつぶやいていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中