2018年 11月 13日 (火)

たけし、古賀氏降板問題で持論 「本質突けばそりゃ政府から圧力かかる」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「俺はもう......元経産省の古賀(茂明氏)みたいに本質を突かないよ?」――ビートたけしさんが2015年4月5日、ゲスト出演した「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、古賀氏の「報道ステーション」(テレビ朝日系)降板に言及しつつ、時事問題に対する自らのスタンスを解説した。

  • 「報ステ」を降板した古賀茂明氏
    「報ステ」を降板した古賀茂明氏

ジャストミートではなく「ファウルチップ」

   たけしさんは、「本質を突いたらだって、テレビがやっちゃうと、郵政省管轄かどうか知らないけど、結局(政府から)プレッシャーかかるに決まってるんだから」とした上で、自らの発言は、野球でいう「ジャストミート」ではなく、また「空振り」でもなく、本質を突いているようでそこから少し外した「ファウルチップ」だ、と述べた。また、だからこそテレビ局側も、「本質的なことを突かないから便利」なお笑い芸人を、ワイドショーなどで使いたがるのだ、と作り手の論理を皮肉ってみせた。

   共演したダウンタウンの松本人志さんが「そう、ちょっと上手いとこあるんですよね」と言いつつ、たけしさんの発言にしきりにうなずいていた一方、同じく共演していたSMAPの中居正広さんは、「(「本質」の部分も)聞きたいんですけどね」とつぶやいていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中