2019年 10月 15日 (火)

週刊大衆、中吊り広告巡る「言葉狩り史」明かす 「『SEX』『女性器』『ヘアヌード』はダメ......」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   週刊誌の部数が下げ止まらない中、広告にも異変が起きている。中でも目立つのがJRや地下鉄の車内に出す中吊り広告からの撤退で、2015年4月には週刊大衆(双葉社)も出稿を取りやめた。

   同誌の公式ツイッターアカウントが中吊り撤退の事実を報告する中で、「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」などと「余話」も披露し、ちょっとした話題になっている。

  • 中吊り撤退後も夕刊紙やスポーツ紙の広告は健在だ
    中吊り撤退後も夕刊紙やスポーツ紙の広告は健在だ

「おっぱい」が「ぱいぱい」になる、意味不明の変更も

   中吊り撤退の事実は4月6日朝、ツイッターの公式アカウントが、

「週刊大衆も電車の中にある中吊り広告をやめることになりました。毎週、楽しみにしていただいていた方々には、本当に申し訳ないと思います」

とツイートして明かされた。アカウントでは、その歴史を、

「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」

とも振り返っている。具体的には、

「『SEX』『女性器』『ヘアヌード』はダメ......。出すなら、S○Xにしろ、文言の大きさも、小さくしろ、目立たなくしろ......『おっぱい』が『ぱいぱい』になる、意味不明の変更もありました」

といった具合だ。公式サイトに掲載されている中吊り広告のバックナンバーによると、最後の中吊りとなった3月30日発売の4月13日号の場合、

「若妻ア●メ不倫」
「人妻とS●Xする方法」

といった自主規制による伏せ字がある一方で、

「元JALスッチー38歳 Gカップ乳ヘア初出し!」
「無敵女王綾瀬はるか『おっぱい15年史』」

といった表現は伏せ字にされていない。表現をめぐる様々な攻防があったことがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中