2019年 2月 23日 (土)

「FC2」運営会社捜索で怯える人たち エロ動画など違法投稿者、一斉摘発の可能性も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   京都府警などの5府県警による合同捜査本部は、動画投稿サイト「FC2」の実質的な運営会社とみられる「ホームページシステム」への家宅捜索でパソコンを押収した。この中にはFC2会員2600万人の情報が含まれているとみられる。

   著作権法に抵触する動画など違法アップロードした投稿者の存在が明らかになれば、一斉摘発が行われる可能性はある。

  • 押収されたパソコンにはFC2会員2600万人の情報も
    押収されたパソコンにはFC2会員2600万人の情報も

サイト内に違法動画が蔓延

   今回の家宅捜索は、ホームページシステム社長の足立真容疑者(39)と元社長でFC2創業者の弟とされている高橋人文容疑者(38)の公然わいせつ容疑での逮捕にともない行われた。2人には、女性との性行為を撮影し有料動画を配信していた自称ネット配信業の男(懲役3年執行猶予4年が確定)と共謀し、動画を不特定多数が閲覧できる状態にしていた疑いがある。

   同社は14年9月にも家宅捜索を受けていたが、今回は同社のパソコン100台以上が押収された。パソコンやサーバーなどには、有料、無料会員合わせて約2600万人の会員情報が含まれていたとみられる。

   FC2にはわいせつな動画のほかテレビ番組や映画、アニメなどが多数投稿されている。同サイトには有料動画があり、投稿者にはユーザーが視聴する際に購入したポイントの金額の一部が配当される仕組みがある。そのため同サイトには違法動画が蔓延、ネット上の違法アップロードの温床の1つとされてきた。

   実際に違法アップロードで逮捕された投稿者もいる。14年9月にはテレビドラマの動画を約2年間で2000本近く無断投稿したとして、静岡県の男が著作権法違反の疑いで逮捕された。また13年6月にはわいせつ動画を投稿したとして愛知県の男性がわいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で逮捕された。

   同社がどんな会員情報を管理していたかは分からない。しかし今回、捜査関係者が会員情報を解析し、違法投稿者が明らかになれば一斉摘発されてもおかしくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中