2021年 9月 23日 (木)

日韓記念切手デザイン巡りネット論議 「サクラの上にムクゲを描くとは」の見方も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日韓国交正常化50周年の記念切手が2015年6月22日に発売される予定だが、そのデザインなどを巡ってネット上で異論が出ている。

   82円の記念切手は、2種類のデザインが用意されている。1つは、右側に着物の女性、左側に韓服の女性を縦長にあしらったものだが、主に論議になっているのは、もう1つの方だ。

  • デザインで論議に
    デザインで論議に
  • デザインで論議に

「この切手だけは許せません」

   切手の上半分に韓国の国花「ムクゲ」、下半分に日本の国花「サクラ」が縦長にあしらわれている。

   日本郵便のサイトでも、そのデザインが紹介されているが、ネット上では、それに反対する声も一部で上がった。

   切手収集家の工業デザイナー椙山哲太郎さんは、4月23日のブログ記事で、「せっかくのところ申し訳ないけれど、この切手だけは許せません」と反対表明した。万国郵便連合では、切手のデザインは国家関係で対等に扱うことが原則とされているとし、「それなのにさくらの上にムクゲを描くとは一体どういうことですか」と不満をぶつけた。この切手は、国辱的なデザインだとも言っている。

   在米ジャーナリストの岩田太郎さんは、ネットメディア「Japan In-depth」への寄稿記事で、このブログを取り上げ、その見方を詳しく紹介した。一方で、「別の解釈も可能なことに気付いた」として、逆にサクラがムクゲを支えており、日本の優越性を主張しているように読めなくもないと指摘した。これに対し、岩田さんは、「そのような些末なことで騒ぐのは得策ではない。こだわれば、日本の民度を下げてしまう。冷静を保つのが一番だ」と書いている。

   これらの記事を受けて、ネット上では、様々な意見が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中