2018年 8月 14日 (火)

豊島区の公園で高い放射線量 原因は謎のステンレスカプセル

印刷

   東京都豊島区の公園で毎時480マイクロ・シーベルトの高い放射線量が測定された問題で、区は2015年4月28日、土壌の中から発見されたステンレスカプセルが原因だと発表した。

   調査は日本アイソトープ協会が行った。見つかったカプセルは直径3ミリ、高さ3ミリの円筒状で、放射性物質ラジウム226が密閉されていた。カプセルが埋まっていた経緯などは明らかになっていない。

   カプセルを取り除いた土壌からは汚染を示す数値は検出されていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中