2018年 8月 21日 (火)

猿の名前に「シャーロット」 英王室は「名前の付け方は自由」とコメント

印刷

   大分市の高崎山動物園が赤ちゃんザルに「シャーロット」と名付けて批判を受けた問題で、英王室が2015年5月7日、複数の日本メディアに「名前の付け方は自由」などと語った。

   「シャーロット」と名付けられたのは今年最初に生まれた雌の赤ちゃんザル。新しく生まれたイギリス王女にちなむ命名だが、批判や苦情が殺到。動物園は撤回も含めて、名前の再検討を決めていた。当件は複数の海外メディアでも報じられている。

   英王室広報はFNNの取材に「公式にはノーコメントですが、ウィリアム王子とキャサリン妃は傷ついていません。どんな名前をつけるのかは、動物園の自由です」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中