2018年 7月 19日 (木)

ALSOK、ドローン対策サービスを開始 センサーで侵入を察知

印刷

   セキュリティ会社の綜合警備保障(ALSOK)は2015年5月14日、囲えない空間や雑踏などを警備するサービス「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」に小型無人飛行機「ドローン」への対策を盛り込むと発表した。

   音響センサーや画像センサーなどを組み合わせ、警戒領域へのドローン侵入を早期に検知、識別。その後、関係者や関係機関に通報するという。

   ただ、上空を飛ぶドローンの安全な無力化は「非常に困難」「決定打と言える対策は現状ありません」としており、早期発見とリスク判断、それに応じた処置が現実的な対策だと指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中