2018年 8月 16日 (木)

セクハラ訴訟、大衡村前村長は争う構え 仙台地裁で初の口頭弁論

印刷

   宮城県大衡村の前村長、跡部昌洋氏(66)からセクハラやパワハラを受けたとして、村の女性職員が損害賠償を求めている訴訟の第1回口頭弁論が、2015年5月15日仙台地方裁判所で行われた。

   口頭弁論に被告の跡部氏は出廷しなかったが、代理人の弁護士が答弁書で請求の棄却を求め、争う姿勢を見せた。

   女性の訴えによると、跡部氏は昨年4月以降、出張先や自宅などで関係を迫ったり食事の誘いや連絡を執拗に行ったりしたなどとされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中