2018年 7月 24日 (火)

ギニアから帰国の日本人男性、発熱で検査へ

印刷

   厚生労働省は2015年5月18日、エボラ出血熱が流行している西アフリカのギニアから帰国した40代の福岡県在住の男性が発熱し、県内の病院に入院したと発表した。男性は5月4日までギニアに滞在し、5月9日に帰国。5月18日午前3時に頭痛や背中の痛みとともに38.6度の発熱が確認された。男性は、現地ではエボラ出血熱患者との接触はなかったと話しているという。

   採取した血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都)に運び、感染の有無を調べる。結果は5月18日夜にも判明する見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中