2018年 7月 16日 (月)

「残業代は、仕事を効率悪くやる人へのご褒美」 厚切りジェイソンの批判は「世界標準」なのか

印刷

   漢字をネタにした「切れキャラ」で人気急上昇中の異国のお笑い芸人、「厚切りジェイソン」こと、ジェイソン・デイヴィット・ダニエルソンさんが、日本の「残業」について痛烈に批判した。

   厚切りジェイソンさんは、東証マザーズに上場するITベンチャー企業「テラスカイ」のグローバルアライアンス部長でもある。外国人管理職の目線から、日本の悪しき慣習といえなくもない「残業」制度に、「本当にバカバカしい」と毒づいた。

  • 「残業代は、効率悪い人へのご褒美」なのか? (画像は、「厚切りジェイソン」さんのツイッター)
    「残業代は、効率悪い人へのご褒美」なのか? (画像は、「厚切りジェイソン」さんのツイッター)

「それだとグローバルでの競争が無理ダロウ」

   上場企業の部長とお笑い芸人の「二足のわらじ」で活躍する厚切りジェイソンさん。2015年5月14日に、フォロワーから「ノー残業デイって、なんですか? 僕の住んでいる地域にはありません! 僕は毎日残業です」とツイッターで投げかけられ、

「仕事を効率よくし、毎日ノー残業デーにすべき。残業前提の仕事はバカバカしい。本当に早く済ませる方法はないの? 疑わしいぞ」

と、嘆いた。

   残業が多い日本人の「働き方」は効率が悪く、残業代は「日本の一般企業では残業しないと大した給料もらえないというのは、仕事を効率悪くやる人にご褒美をあげている」とし、このままでは日本の企業は「どんどん効率も競争力もわるくなる。それだとグローバルでの競争が無理ダロウ」と、指摘している。

   厚切りジェイソンさんは17歳のときに飛び級でミシガン州立大学に進学し、イリノイ大学大学院に入学したエリートで、米国で働いていた経験ももつ。そんなこともあって、日本人の働き方には疑問をもっているようだ。

   インターネットでは厚切りジェイソンさんの発言に、

「もうみんな気づいているのだから、とっとと残業制度なんてなくしてしまえばいい」
「まったく正論。仕事量が同じなら早くやった人に給料を多くあげないと効率の悪さを助長するだけ」
「仕事ができる奴ほど、仕事が集まってくるのが現実。一番いいのは、時間じゃなくて仕事の量と難易度で給料を決めることだな」
「残業します=自分は無能です、といってるようなもの」

などと、賛同の声は少なくない。

   ただ、その半面、

「仕事を早く終えて定時で帰ると給料が減るのだから、適当に働いて残業する人が出てくるのも無理はない。働いた分をきっちり払ってくれれば文句はないが、そうはならないだろ」
「能力給でもかまわんが、往々にして能力を評価する人間の好みで決まるようなもんだから、どうしようもない」

といった否定的な声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中