2018年 8月 21日 (火)

ソフトバンクモバイル宮内社長「ガラケーは必要なくなると考えている」

印刷

   ソフトバンクモバイルの宮内謙代表取締役社長は、2015年5月19日に都内のホテルで行われた記者発表会で、ガラケーや、スマートフォンとガラケーの特徴を併せ持ったガラホ端末の展開について見通しを述べた。

   今後のガラケーやガラホの端末発売について質問を受けた宮内社長は、「一定の需要がある間は、ガラケーやガラホ端末の発売を続けるつもりでいる」と述べた。ただ、「写真撮影や音楽再生といった点ではスマホが圧倒的に優位であり、個人としては、ガラケーは将来必要なくなると考えている」と語った。

   このところスマホの伸びが止まり、消費者の「ガラケー回帰」が取りざたされているだけに、注目される発言だ。

   ソフトバンクが発表した2015年夏モデルはスマートフォンのみで、ガラケーやガラホの端末はラインアップされていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中