2020年 10月 20日 (火)

KDDIが営業利益で初のドコモ抜き 携帯電話トップ3社、決算で異変

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

「格安スマホ」で市場は激化

   一方、業界トップで積極的な企業買収を進めたソフトバンクは売上高が30.1%増の8兆6702億円、営業利益は8.8%減の9827億円の増収減益になった。前期に一時的な利益2538億円があったための減益で実質的には増益基調だ。

   ソフトバンクには及ばなかったが、ドコモを初めて抜いたKDDI。だが、「我々が驚くほど利益を伸ばしたわけではない」(田中社長)と淡々としたものだ。確かにドコモは前期まで8000億円台の営業利益を出してきただけに、22%の減益となったドコモ側の「敵失」とも言え、一喜一憂している余裕はないということかもしれない。

   国内の携帯電話市場は伸び悩んでおり、「格安スマホ」の登場で競争は一層の激化が予想されている。先行き不透明感が強まる事業環境のなか、大手3社が今後の事業をどう展開していくか、注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中