南沙埋め立て「軍事、防衛のため」中国軍幹部が明言

印刷

   中国人民解放軍の孫建国副総参謀長は2015年5月31日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」に出席し、中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で進める岩礁埋め立てについて「完全に主権の範囲内の問題だ」と述べた。さらに埋め立てや施設建設の目的を「軍事、防衛の必要を満たすため」と認めた。

   懸念される航行の自由については「影響はない」とし、名指しは避けたが「大国は大国の役割を果たし、小国を欺いてはならない。小国は小国の責任を果たし、むやみに挑発をするべきではない」とアメリカや東南アジア諸国に釘を刺した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中