2018年 9月 20日 (木)

少年院、分類名が6月に66年ぶり変更 「特少」など消え、「第1、2、3種」に

印刷

   非行により保護処分や刑の執行を受ける少年が入る少年院に関し、2015年6月1日から新少年院法が施行され、分類名が変わることとなった。1949年に旧少年院法が施行されて以来、66年ぶりの改正となる。

   旧法では非行歴、年齢、心身の状況に応じ、「初等少年院」「中等少年院」「特別少年院」「医療少年院」の4つに分類されていた。改正により、16歳未満対象の「初等」と、16歳以上対象の「中等」は、「第1種」に統合される。犯罪傾向が進んだ少年を対象にした「特別」は「第2種」に、心身に著しい障害がある少年を対象にした「医療」は「第3種」に、それぞれ改称される。

   毎日新聞によると、少年院に入所したことで「特少帰り」などとステータスのように扱われたり、逆に「特別」とつくことが差別的だとする指摘があがったりしていたため、法務省が改称を検討していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中