中韓でMERS感染12人が判明 世界では1100人超に

印刷

   中東などで広がっている中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスに中国や韓国で感染したケースが計12人出たことが、2015年6月2日までに分かった。

   報道によると、韓国では、高齢者夫婦や医師ら感染し、中国では出張で来た韓国人男性に感染が見つかった。MERS感染者は世界で計1100人超となり、少なくとも431人が死亡したことが分かっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中