米政府職員ら400万人分の情報流出の恐れ 中国からサイバー攻撃?

印刷

   職員ら約400万人分の個人情報が流出した可能性があると、アメリカ政府が2015年6月4日に発表した。

   それによると、人事情報を扱うコンピューターシステムが4月に何者かに不正アクセスされた。米ワシントン・ポスト紙は、中国のハッカーによる犯行だと報じており、米FBIはサイバー攻撃があったとみて捜査している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中