2018年 11月 19日 (月)

「GLAY」HISASHI、「元少年A手記」の表紙写真投稿 コメント欄に批判が相次ぎ、画像削除

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」の筆名で手記「絶歌」を出版したことが物議を醸す中、人気ロックバンド「GLAY」のHISASHIさんが2015年6月11日、インスタグラムに本の表紙写真を投稿した。

   ところがその後、コメント欄に批判が相次いだことから、程なくして画像を削除した。

  • 「ゴゴゴ」というキャプションとともに表紙画像を投稿(画像はすでに削除されている)
    「ゴゴゴ」というキャプションとともに表紙画像を投稿(画像はすでに削除されている)

「ガッカリしました」「影響力のある人なのに」

   「絶歌」は太田出版から6月11日に刊行された。当時、社会に大きな影響を与えた神戸連続児童殺傷事件の加害男性が記したもので、犯行に至った経緯、事件後の生活、現在の心境などを綴っている。出版を巡っては、遺族から回収を求める声が上がるなど、早くも物議を醸している。

   HISASHIさんは11日、自身のインスタグラムに「絶歌」の表紙写真を投稿した。キャプションは「ゴゴゴ」と書いたのみで、投稿した意図は不明だ。投稿は注目を集めたが、コメント欄には間もなくして

「ガッカリしました」
「影響力のある人なのに」
「削除してください」

   といったネガティブな内容のコメントが相次いだ。反響は大きく、コメント欄が大荒れ状態に。するとHISASHIさんは画像を削除。この件については11日19時時点で、ツイッターでもインスタグラムでも言及していない。

   ただツイッター上には削除後、ファンから、

「興味あるだろう、普通に。あたしも読みたい」
「軽い気持ちでは載せてないと思う」
「あの本は確かに嫌だけどHISASHIが読む意味は今までの楽曲たち聞いていれば分かるのにコメントで荒らすのはかわいそう...」

などと残念がる声や擁護する声も相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中