2022年 8月 18日 (木)

テレビ局がインターネット配信に本腰 フジテレビはNetflixに番組提供

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   テレビ局がインターネット配信に本腰を入れはじめている。フジテレビは、動画配信サービスの世界最大手で米国の「Netflix」(ネットフリックス)に、2015年秋から新番組を配信していく。

   日本のテレビ局がNetflixでの番組配信を決めたのは初めて。テレビドラマに映画、アニメ、スポーツや音楽など、これからは時間や場所にとらわれずにインターネットで気軽に視聴するスタイルが主流になるのかもしれない。

  • フジテレビ「テラスハウス」の新作がNetflixで見られる!
    フジテレビ「テラスハウス」の新作がNetflixで見られる!
  • フジテレビ「テラスハウス」の新作がNetflixで見られる!

約50か国、6200万人超の会員が視聴

   インターネットの動画配信サービスは、これまでも作品ごとに料金を支払って視聴するタイプのサービスが少なくなかったが、最近注目されているのがHulu (フールー)やNetflixのような定額制の動画配信サービスだ。

   米国で2007年からネットでの有料動画を配信しているNetflixは、パソコンでもスマートフォンでも、月額7.99ドル(約1000円)を支払えば、ドラマや映画、スポーツ、ドキュメンタリーなどが見たいときに見られることで大人気となった。

   その便利さに加えて、独自のコンテンツ制作にも乗り出し、2013年には約100億円を投じて制作したドラマ「ハウス・オブ・カード」が、ネット配信の作品として初めて米放送業界で最も権威がある「エミー賞」を受賞したことで、提供されているコンテンツの質の高さでも評判を呼んだ。

   海外展開にも力を入れ、会員は現在約50か国に6200万人超がいる。

   その一方で、米国ではテレビのリモコンに「Netflixボタン」が付けられ、すでにテレビ番組の代わりにNetflixを視聴するのが一般的になっている。日本でも2015年に入って、東芝やパナソニックがNetflixボタン付きのテレビを発売しており、日本でもネットとテレビの融合に拍車がかかりそうだ。

   そうしたなか、フジテレビは2015年秋にも、Netflixに海辺のシェアハウスに同居する若い男女6人の恋愛模様などを描いた人気番組「テラスハウス」の新作を提供すると、6月17日に発表した。

   新作は全18話で、同日から住人(出演者)の募集が公式サイトで開始された。番組がNetflixを通じて海外にも配信され、住人の応募は海外からも受け付けるという。

   フジテレビの大多亮常務は記者会見で、「Netflixが狙っている年齢層は10~20代。フジテレビが得意とする層と親和性がある」と説明。「テラスハウス」はYouTubeの公式動画が累計2億8000万回以上も再生されるなど、ネットとの親和性の高さも実証されているという。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中