2018年 10月 20日 (土)

元大関・貴ノ浪 音羽山親方が43歳で死去

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名・浪岡貞博)が2015年6月20日、急性心不全のため大阪府内で死去した。43歳だった。

   青森県三沢市出身。87年春場所に藤島部屋で初土俵を踏み、94年初場所後に大関に昇進。96年初場所で初優勝を飾った。196センチの長身を生かしたスケールの大きい相撲で人気を博した。

   2度の大関陥落後も現役を続けたが、平幕の04年夏場所限りで現役を引退した。年寄「音羽山」を襲名し、貴乃花部屋で後進の指導にあたっていた。心臓に持病があり06年には緊急入院したこともあったが、回復。15年春場所からは、審判員を務めていた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...