2018年 9月 20日 (木)

鈴鹿のFMで一時生放送できない事態に 給与遅配で従業員出社せず

印刷

   三重県鈴鹿市のコミュニティFM「鈴鹿ヴォイスエフエム」で2015年6月20日、全従業員8人が出社しなかったために生放送が一時できなくなる事態があったことが分かった。新聞各紙が報じた。

   それによると、8人は、給与の振り込みがなかったとして19日に退職願を出し、FM側は、東京キー局の音楽番組などを流すなどの対応を強いられた。給与はその後に振り込んだといい、22日から外部の応援を得て放送を再開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中