新国立デザイン、アーチ維持で総工費2500億円に

印刷

   文部科学省は2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、2本の巨大なアーチ構造のデザインを維持する方針を固めた。2015年6月24日、各紙が報じた。

   人件費や建築資材の高騰を受け、総工費は基本設計時の1625億円から900億円ほど増え、2500億円を超える見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中