2018年 8月 18日 (土)

元少年A手記「絶歌」 神戸市立図書館は購入せず

印刷

   神戸市の久元喜造市長は2015年6月23日の定例会見で、神戸連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」として出版した手記「絶歌」(太田出版)について、市立図書館では購入しないことを明らかにした。

   久元市長は「遺族への配慮がないまま出版され、甚だしい精神的苦痛が生じていることは大変遺憾に思っている。事件が発生した自治体としては、遺族の気持ちに寄り添う対応をしたい」と説明。ただ、出版や表現の自由などの観点から、販売自粛の呼びかけは行わないとした。

   兵庫県立図書館は17日、被害者遺族の人権や心情に配慮するとして、貸し出しを制限する方針を決めた。研究目的などの場合に限り、館内限定で閲覧を認めるという。この対応について同県の井戸敏三知事は22日の定例会見で「慎重さを期した、やむを得ない措置ではないか」と理解を示した。手記に遺族が抗議していることに触れつつも、「行政機関が主体的にタッチする話ではなく、良識ある読者が判断されるべきこと」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中