2021年 9月 23日 (木)

「逮捕」トヨタ女性役員「膝痛」主張 それでも「広報トップとしてアウト」の指摘

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   トヨタ自動車初の女性役員、それも同社の「顔」である広報部門のトップであるジュリー・ハンプ容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されて、まもなく1週間を迎える。警視庁が同社本社の家宅捜索を実施。一方、ハンプ容疑者は容疑を否認している。

   豊田章男社長は「法を犯す意図がなかったことが明らかにされることを信じている」と会見で話したが、企業広報の専門家は、ハンプ容疑者に仮に違法性がなかったとしても、グローバル企業の広報トップとして問題あり、と指摘する。

  • トヨタ自動車本社では家宅捜索が行われた
    トヨタ自動車本社では家宅捜索が行われた
  • トヨタ自動車本社では家宅捜索が行われた

容疑者は「ひざの痛みを和らげるため」と供述

   逮捕されたのは2015年6月18日。アメリカから国際郵便で、麻薬成分のオキシコドンを含む錠剤57錠を自身の滞在する都内ホテル宛に輸入した疑いがある。警視庁によると、18日の段階では「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認したという。

   警視庁は23日、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車本社と東京都文京区の東京本社など3か所を家宅捜査した。トヨタ自動車の広報は24日、J-CASTニュースの取材に、家宅捜索が行われたかどうかを含め「捜査にかかわる案件のためコメントできない」と話した。

   また、23日の各紙報道などによると、ハンプ容疑者は「ひざの痛みを和らげるため輸入した」という趣旨の供述をしている。確かにオキシコドンは米国では鎮痛剤としても使われていて、毎日新聞は、来日前から服用していたという関係者の証言にも触れている。

   日本では、オキシコドンは麻薬成分があるため医療機関で管理されている。海外から持ち込む際は事前の許可が必要で、空輸は禁じられ、自ら手荷物としてのみ認められている。

   また厚生労働省の監視指導・麻薬対策課によると、日本ではがん治療の際に痛み止めとして使われていることがほとんどだ。自由診療であれば、それ以外の痛み止めとして使うこともできなくはないが、同課の担当者は聞いたことがないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中