2018年 8月 21日 (火)

さよなら、三毛猫の「たま駅長」 急性心不全で逝く、人間に例えると80歳

印刷

   和歌山電鉄貴志川線の貴志駅で駅長を務めてきた三毛猫「たま」が2015年6月22日夜、急性心不全のため入院中の動物病院で死んだ。雌の16歳で、人間に例えると80歳くらいだった。24日、和歌山電鉄が発表した。28日午後0時半から、貴志駅コンコースで社葬が営まれる。

   たま駅長は1999年生まれで、もともとは貴志駅の売店で飼われていた。貴志川線が南海電鉄から和歌山電鉄に移管された翌年の2007年、駅長に就任。テレビなどに取り上げられて話題となり、貴志駅は駅長目当ての観光客でにぎわった。

   各種報道によると、15年4月29日に行われた誕生日セレモニーでは元気な姿を見せていたが、5月から鼻炎で体調を崩して入院していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中