2018年 10月 15日 (月)

米ジャイアンツ青木、小さくて大きな亀裂骨折 戦線離脱で「オールスター出場」の夢が・・・

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ジャイアンツの青木宣親が故障者リスト入り(2015年6月24日)。

   オールスター戦の出場が危うくなっただけでなく、後半戦も好調を維持できるか、小さくて大きな負傷である。

  • 小さくて大きな負傷(写真:AP/アフロ)
    小さくて大きな負傷(写真:AP/アフロ)

監督も「大きな戦力ダウン」

「右足腓骨の亀裂」

   これが戦列離脱の原因である。15日間の故障車リスト(DL)入りで、故障した翌日から適用され、7月6日に復帰できる日数だ。

   死球を受けたのは20日のドジャース戦。直後のX線検査では「異常なし」だった。だから23日のパドレス戦では「1番・レフト」で先発出場とされていたのだが、試合前の練習で異変が起きた。

「急に足を引きずるような感じになった。それで、試合は無理、と判断し、監督に伝えた」

   その後、再度X線検査をしてみると、横に線状の亀裂が写った。角度によっては分からないほどだったという。

「意外な結果だったので驚いている。今はとにかく休むことで、骨が付くまで安静にしたい」

   青木は無念そうだった。

   そうだろう。青木は今シーズン、昨年のワールドチャンピオンのジャイアンツに移籍。リードオフマンとして活躍してきた。67試合で83安打を放ち、3割をマークしている。

   2連覇を狙うボウチー監督は頭を抱えている。

「大きな戦力ダウン」

と言うほどで、夏場からの戦いに支障が出ることを懸念している。

走ることができない

   青木がもっとも悔しがっているのはオールスター戦(7月14日、シンシナチ)の出場が怪しくなったことである。離脱時点ではナ・リーグ外野手のファン投票で4位につけており、16日の中間発表では3位だった実績もあり、最終集計ではファン選出の可能性もあった。

   大リーグでのファン投票による選出は「大リーガーの夢」の一つ。そんなチャンスはなかなかない。今季のような好調、さらに33歳という年齢を考えたとき、なおさらである。

   個人記録ではシーズン200安打の希望もあった。これは無理だろう。さらに心配されるのは、復帰した後も好調を維持できるか、という不安が重なる。

   足だけに走ることは当分できない。下半身が弱るからトレーニングに時間がかかる。コンディション調整が難しく、体力勝負の夏場を乗り越えるのが大変になることが予測できる。完全に治し、万全の状態でカムバックすることを臨む。

   ほんの小さなヒビだが、実はいろいろな意味で大きな故障なのである。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...