2018年 7月 20日 (金)

西武HD、5月のホテル稼働率73% 外国人利用が6割増

印刷

   西武ホールディングス(HD)の2015年5月のホテルの客室稼働率は、前年同月と比べて6.2ポイント増えて73.3%になった。6月30日に発表した。外国人の利用は前年同月比56.1%増の9万8517人と、5月としては過去最高となった。客室の平均単価は1610円増の1万4348円だった。

   西武HDは、「5月はリゾートホテルが好調でした」と話す。関西・広島エリアで前年同月比90%増、北海道・東北で124%増と大きく伸びた。

   首都圏では、4月に施設を改装して「ホテル大箱根」から名称を変更した「箱根仙石原プリンスホテル」が人気。露天風呂などを新たに設けたりWi‐Fiの利用を可能にしたり、「外国人観光客の好みを取り入れた」ことが功を奏した。「最近は海外からのお客さまもリピーターが増えていて、日本の四季を感じられるスポットが人気のようです」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中