スズキ社長に長男の俊宏氏が昇格 修氏は会長兼CEOに就任

印刷

   スズキは、鈴木修会長兼社長(85)が社長を退任し、長男の鈴木俊宏副社長(56)が社長兼経営執行責任者(COO)に昇格する人事を、2015年6月30日の臨時取締役会で決めた。修氏は会長兼最高経営責任者(CEO)に就く。いずれも、同日付けの就任。

   修氏の社長兼務が解かれるのは2008年以来。引き続き経営の最高責任を担うが、若返りと俊宏氏への権限委譲を進める体制をとる。原山保人副社長は副会長に昇格した。

   記者会見で、修氏は「ワンマンでは限界を超えている」と述べ、今後の経営はトップダウンから組織的な意思決定を目指す意向を示した。また、長男が社長に就くことで世襲批判が出てくる可能性があるが、「力があって、やる気があって、責任を持てば誰でもいい。一族だから(社長にした)という意識はない」と語った。

   俊宏氏は1983年に東京理科大の大学院を修了。日本電装(現デンソー)に入社。94年にスズキに入り、2003年取締役、11年から副社長。静岡県出身。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中