国家公務員ボーナス3年連続で増額 平均61万9900円

印刷

   国家公務員に夏のボーナス(期末・勤勉手当)が2015年6月30日に支給された。管理職を除く一般行政職の平均支給額は平均年齢36.7 歳で約61万9900円だった。14年夏よりも約5・7%増の約3万3200円増えた。増額は3年連続となった。

   特別職の支給額は、安倍晋三首相と最高裁長官が約504万円で、閣僚は約367万円だった。国の財政が厳しい事を理由にこの額から首相は30%、閣僚は20%を自主返納した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中