2021年 5月 6日 (木)

百田氏より「自民議員」の方が問題 沖縄2紙、「つぶさなあかん」発言で会見

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   作家の百田尚樹氏が自民党内の勉強会で沖縄県の県紙、沖縄タイムスと琉球新報について「絶対つぶさなあかん」などと発言したとされる問題で、両紙の武富和彦、潮平芳和・各編集局長が2015年7月2日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、「表現・言論の自由が危機的な状況」などと訴えた。

  • 日本外国特派員協会で会見する沖縄タイムスの武富和彦(右)、琉球新報の潮平芳和(左)両編集局長
    日本外国特派員協会で会見する沖縄タイムスの武富和彦(右)、琉球新報の潮平芳和(左)両編集局長
  • 日本外国特派員協会で会見する沖縄タイムスの武富和彦(右)、琉球新報の潮平芳和(左)両編集局長

「沖縄県民を愚弄するもの」

   沖縄タイムスの武富氏は、

「1番の問題だと感じているのは、百田さんの言葉を引き出した自民党の国会議員だと思っている。沖縄の世論を『ゆがんでいる』として、『正しい方向に持って行くにはどうすればいいのか』という質問は、沖縄県民を愚弄するもので大変失礼だと感じる」

などと述べ、百田氏の発言そのものよりも、そのきっかけになった自民党議員の質問を問題視。今回名指しされたのは沖縄の2紙だが、今後はそれ以外のメディアも対象になる危険性を警告した。

   「自分たちの気に入らない報道、論説は許さないという、まさに表現の自由、報道の自由、を否定する思考が根底にある。この思想は沖縄にとどまらず、いずれ全てのメディアに向けられる可能性がある」

   県紙の報道が「偏向」していて「世論を誘導している」という批判については、

「民衆の支持がないと新聞は存続できない。沖縄の新聞社の報道は、新聞社が世論をコントロールしているのではなく、世論に突き動かされて新聞社の報道があると思っている」

などと反論した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中