2018年 11月 18日 (日)

「WiMAX2+」速度制限にユーザー大反発 ネットの「集団訴訟」呼びかけに賛同者続々

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「集団訴訟しませんか?」――。モバイル通信サービス「UQコミュニケーションズ」のユーザーが発起人となって、同社に対する集団訴訟を呼びかけ、波紋を広げている。

   このユーザーによると、同社が広告などで「制限ナシ!」などとしながら、利用時に一定条件を満たすと通信の速度制限がかかることに抗議している。集団訴訟への賛同者は数百人規模になる見通しだ。「お客様満足度No.1」に輝いたUQコミュニケーションズにいったい何があったのか。

  • サイトでも「ヤバイ速」「ギガ放題」の文字が目を引く
    サイトでも「ヤバイ速」「ギガ放題」の文字が目を引く

ブログには1500人以上の賛同希望者

   訴訟を起こそうとしているのは、「UQコミュニケーションズ」のネット通信サービス「WiMAX2+」のユーザーたちだ。

   2013年10月に始まったこのサービスは、「ヤバイ速」「ギガ放題」などのフレーズを広告などに使用し、「最速220Mbps(下り)」といった通信速度の速さや月々のデータ量制限がないことを売りにユーザーを獲得してきた。

   しかし2015年4月1日から通信の速度制限を開始。直近3日間で3GB以上利用した場合に速度制限がかかるようになった。このため「速度が遅くて使いものにならない」状態になり、ユーザーたちの反発を招いてしまった。

   同社はサービス開始時から速度制限の説明はしていたというが、ユーザーの言い分とは食い違いがある。ユーザー側は、広告表示の注意書きが小さく分かりにくかったり、契約時に「実際には制限がかからない」などと説明を受けたりした人がいるという。

   こうした対応に反発し、ブログで「集団訴訟しませんか?」と呼びかけたのが、会社員の岡田真弥氏だ。岡田氏自身、店頭での契約時に「実際に制限がかかることはない」と説明されたそうだ。J-CASTニュースの取材に「ウソをついてでも契約を取ってしまえばいい、という考え方がまかり通ることは納得できない」と訴訟を思い立った動機を語る。

   具体的な内容は固まっていないが、すでに複数の弁護士と協議を進めている。「ユーザーをだますような広告をやめること」「無償解約に応じること」などを求める方針だ。

   ブログには2015年7月9日時点で、1500人を超える賛同希望者がコメントを寄せている。実際に集団訴訟になれば委任状が必要なためこの数字通りの賛同者は集まらないかもしれないが、数百人規模になる見通しだという。

   ただ、必ずしも訴訟を前提として活動している訳ではないという。要望に応じて、謝罪するなど対応があれば、取りやめることも考慮している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中