2020年 9月 29日 (火)

「『柏木&手越写真』をマスコミに売ったメンバー」 推測で実名を載せた「BLACKザ・タブー」が突然の休刊

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「とうとう発覚!?『柏木&手越写真』をマスコミに売ったメンバー」――2015年7月13日発売号でこんな特集を組んだ雑誌「BLACKザ・タブー」(ミリオン出版)の公式ツイッターアカウントが突如、今号限りでの休刊を発表した。

   ネット上では、何者かの「圧力」で休刊に追い込まれたのでは、といった根拠のない憶測が飛び交っている。

  • 結局休刊の理由は明かさずじまい(写真は同誌7月13日発売号)
    結局休刊の理由は明かさずじまい(写真は同誌7月13日発売号)
  • 結局休刊の理由は明かさずじまい(写真は同誌7月13日発売号)

編集部「岡本タブー郎」氏の過激ツイートが注目集める

   「誰も触れない日本の暗部を炙り出すサイレント・マガジン」を表紙で謳うBLACKザ・タブーは、2011年に創刊した。新聞やテレビなどが報じないネタを掲載し、ファンを獲得していった。

   また、創刊当初から立ち上げていたプロモーション用の公式ツイッターアカウントもある意味、話題を集めた。ツイート主は同誌編集部の「岡本タブー郎」なる人物で、企業公式アカウントとしては異例の過激発言を繰り返した。時には有名人に「馬鹿丸出し」などと毒づき、編集方針や記事の内容、ツイートの中身を批判するツイッターユーザーと頻繁にやり合った。

   そんな岡本氏が前触れもなく突如休刊を発表したのは、最終号が発売される前日の7月12日。「アンチの方々おめでとう。本誌を愛してくれた方々、力不足をお許し下さい。突然で本当にごめんなさい。無念です......」と普段とは違う穏やかなトーンで複雑な心境を明かした。7月2日に「会社の判断」で次号の部数を減らす、とツイートしていたものの、休刊を伝えるのは初めてだ。

   岡本氏のツイートに注目していた多くの人々は、ある一点が気になっているようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中