2020年 9月 29日 (火)

「『柏木&手越写真』をマスコミに売ったメンバー」 推測で実名を載せた「BLACKザ・タブー」が突然の休刊

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

ミリオン出版「担当者は不在にしています」

「はい速報。柏木ゆきりんと手越の写真。誰が持っていて、誰が売ったのか判明しました!犯人はAKBメンバーです。7月13日をお楽しみに!」

   「週刊文春」が掲載したAKB48・柏木由紀さんとNEWS・手越祐也さんの密着写真が世間を賑わせていた6月24日、岡本氏は「文春」に写真を流した人物を次号(7月13日発売号)で公開する、とツイートした。しかも、その人物が「AKBメンバー」だと明かしたため、ネット上は大騒ぎになる。「売名行為」「ガセに違いない」といった見方、「楽しみにしてます」「応援してます」という期待の声、とまっ二つに分かれた。

   少しでも情報を教えて欲しいと返信する人に、いつもの調子で「なんでタダであなたに教えなきゃいけないんですか?」とにべもない対応を見せていた。

   「圧力」があったとは明示していない岡本氏だが、7月5日には「表現の自由の保証、検閲の禁止、これ守られてない」、11日には「なんかものを言うと、黙らせようとする勢力が出てくる」と意味深なツイートをしている。流出元となったAKBメンバーを暴露する記事は出たものの、「圧力」で休刊に追い込まれた、という推測はネット上で根強い。

   果たして「圧力」はあったのか、そして肝心の休刊理由は一体何なのか。出版元のミリオン出版に取材すると、「担当者が不在にしている」という返答だけだった。

   ちなみに、AKBメンバーの実名は掲載されたものの、記事にはわずか1ページしか割かれていない。記事の最後に「あくまで推測の域を出ない話」とも書かれていて、信憑性にはかなり疑問がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中