2018年 9月 22日 (土)

児童ポルノ、「単純所持」で処罰 改正児童ポルノ法の罰則規定がきょう施行

印刷

   児童買春・児童ポルノ禁止法の改正により、個人の趣味で児童ポルノを所持すると処罰される規定が2015年7月15日に適用された。自己の性的好奇心を満たす目的で18歳未満の児童ポルノ(写真、映像など)を所持した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科される。警察当局は14年7月の改正法施行から所有者に1年間の猶予を設け、児童ポルノの廃棄処分を促してきた。

   日本は先進7か国で唯一、単純所持の罰則規定がなく、欧米から「児童ポルノ天国になっている」などと批判されてきた。

   なお、マンガやアニメ、フィギュアやゲームなど架空のものは児童ポルノに含まれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中