対馬の仏像1体が返還へ 韓国検察が発表

印刷

   韓国検察は2015年7月15日、長崎県対馬市の寺や神社から盗まれた仏像2体のうち1体を日本に返還すると発表した。引き渡しの日時は調整中だという。

   返還されるのは海神神社の国指定重要文化財「銅像如来立像」。韓国内で所有権を主張する寺社や人物がいないことなどを考慮したという。観音寺の「観世音菩薩坐像」については韓国内の寺が所有権を主張しているため返還差し止めの仮処分が出されている。

   2体の仏像は12年10月に韓国人窃盗団によって盗まれ、押収されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中