2018年 8月 15日 (水)

時事通信、不適切質問で記者を異動

印刷

   時事通信社の記者が官房長官会見で沖縄県について「ある意味見限ってもいい」「そんな連中ほっといてもいい」などと質問した問題で、同社は質問した編集局経済部記者(47)を2015年7月14日付で総務局勤務に異動させた。あわせて、渡辺祐司編集局長名で「沖縄県民をはじめ議会関係者ら皆さまに不快な思いをさせたのは極めて遺憾です。申し訳ありません。再発防止に向け記者教育の徹底を図ります」とのコメントを発表した。今後、関係者を含めて具体的な処分を検討する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中