2018年 9月 23日 (日)

加害者の出版に法規制を 「絶歌」めぐり遺族が要望書

印刷

   1997年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件の加害者男性が手記を出版したことをめぐり、殺害された土師淳君(当時11)の父、守さんは2015年7月16日、加害者の出版などについて法規制するよう求める要望書を自民党や法務省に提出した。

   殺人事件の加害者が、事件の内容や遺族について記述する手記を出版したり、映画を作ったりする際に、遺族に事前同意を得ることなどを法制化するよう求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中