民主議員はなぜプラカード掲げ、「委員長!」と叫ぶのか 「テレビ映像を意識した行動」との批判も

印刷

   安全保障関連法案は2015年7月16日午後の衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。政府・与党案の採決では次世代の党以外の野党が議場を退席し、大きな混乱はなかった。対照的だったのが前日の7月15日午後に行われた衆院平和安全法制特別委員会の採決だ。

   数の上では為す術がない野党議員は、あらゆる方法で抵抗を試みた。特に民主党議員は、プラカードを持って反対をアピール。発言内容はほとんど怒号でかき消されてしまったが、NHKのマイクは辻元清美衆院議員の「ダメです!」という叫び声を明瞭に拾った。ただ、法案に賛成するメディアは、こういった行動は「テレビ映像を意識」したもので、強行採決を「演出」するためのものだと批判している。

  • 採決時、民主党議員はプラカードを手に委員長席に詰め寄った(写真:Natsuki Sakai/アフロ)
    採決時、民主党議員はプラカードを手に委員長席に詰め寄った(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

「強行採決反対!!」のプラカードは青と赤の2パターン

   NHKは委員会採決の様子を正午のニュースを延長する形で伝えた。委員会室では、民主党議員がカメラに向かってプラカードを掲げ反対を訴えた。プラカードの種類は、

「強行採決反対!!」
「アベ政治を許さない」
「自民党感じ悪いよね」

の大きく3種類。「強行採決反対!!」は青と赤の2パターンが確認できた。議員個人が作ったものではなく、党として同じデザインのプラカードを大量に作って配ったようだ。

   議場は怒号につつまれたが、際立っていたのが辻元氏が涙声で、

「委員長ダメです!やめて!お願い!委員長!委員長!」

などと叫ぶ様子だ。カメラは採決の手続きを進める浜田靖一委員長をクローズアップしたが、委員長席の前に陣取った辻元氏が、浜田氏に対して「お願い!」と拝むような仕草も映し出された。結果として辻元氏は、民主党議員としては多くのメディア露出を果たすことになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中