2018年 8月 16日 (木)

フェンシング世界選手権個人で太田が初の世界一

印刷

   モスクワで開催されたフェンシングの世界選手権で、男子フルーレ個人の決勝に進んだ太田雄貴選手(29)が2015年7月16日、アレクサンダー・マシアラス選手(米国)を15-10で破り、初優勝した。五輪を含めフェンシングの世界大会で優勝した日本人は太田選手が初めて。

   太田選手は08年の北京オリンピック個人で銀メダル、12年はロンドンオリンピックの団体で銀メダル、10年の世界選手権では個人と団体で銅メダルを獲得している。太田選手が表彰台に上がるのは10年の世界選手権以来となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中