2018年 10月 16日 (火)

巨人「胴上げ投手」の栄光は不滅だ 星飛雄馬のモデル高橋一三さん死す

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2015年7月14日、多臓器不全で亡くなった高橋一三さんは、巨人V9を支えた左腕のエースであり、漫画「巨人の星」のモデルだった。

   また一人、昭和野球界の星が消えてしまった。

  • 王貞治氏も「球史に残る左腕だった」と語る
    王貞治氏も「球史に残る左腕だった」と語る

すごみのあるサウスポー

   プロ野球の世界から身を引いた後、高橋は山梨学院大の野球部監督を務めていた。昨年春、体調を崩していたと聞いていたが、まさかこのような事態になるとは思わなかった。

   現役時代の高橋はすごみのあるサウスポーだった。自由競争時代最後の1965年に巨人入り。69年に22勝を挙げて主力となるのだが、すでに1歳下の堀内恒夫がエースとなっており、以後も常に「ホリ、カズミ」の順番で呼ばれることになった。

   ピッチングスタイルは典型的なオーバーハンドで、150キロクラスの速球と鋭いスクリューボールを武器とした。身体いっぱいを使って投げ下ろす迫力があった。いかり肩で左利き独特の動きが印象深く残っている。

   人気野球漫画「巨人の星」の主人公、星飛雄馬のモデルになったほどで、いかに個性的な投手だったかが分かる。

完投で日本シリーズ4連覇

   NO2の存在でありながら、チームの信頼度は高かった。それを証明しているのは優勝を決める試合に勝ち投手となる「胴上げ投手」に数多くなったことである。驚く実績は次の通りだ。

   ペナントレース5度=66年、69年、71年、72年、73年

   日本シリーズ4度=69年、70年、71年、72年

すべてV9時代のものである。

   ペナントレースの73年は9連覇を決めた年。阪神と甲子園で優勝をかけての最終決戦だった。9-0の完封勝利。試合終了後、阪神ファンがグラウンドになだれ込み、巨人ベンチに押しかけるという荒れた結末となった。

   出色は日本シリーズで、4年連続の快挙。いずれも完投勝利という快挙だった。「胴上げ投手のカズミ」と呼ばれたものだった。

   ふつうならもっと騒がれていい投手だったが、相棒の堀内はとにかく言動が派手で、高橋はいつもニコニコしながら後輩を見ていた。欲のない性格だった。

   同僚だった王貞治が「球史に残る左腕だった」と語った。高橋にとって何よりの言葉だろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...